くずもんのブログ

ブログ始めました。まとめや雑記など

「おひたし」で異常にツボっていた彼は今いかに。

くずもんです。幼少というか小学生くらいの頃の思い出を語ろうかなと思います。

友人のY君はひょうきんな少年でした。

活発で、運動もできる人気者で、(現在と全く変わらず)怠惰で陰湿な私とは対照的な人物でした。彼はよく笑う子供でしたが、別に変な子供ではなく、どこにでも探せばいそうなタイプではありました。

ある日、Y君に僕が「おひたし」の話をしました。あの料理のおひたしのことです。くずもんの実家ではよく小松菜のおひたしがよく出たのです。

その話の中で「おひたし」と私が発しただけで、Y君は笑い転げました。信じられないくらいの大笑いでした。Y君は気が狂ったように笑ってしました。一度治っても、私が「おひたし」というとぶり返します。

その後彼と私との会話で、「おひたし」は禁止になりました。

彼が勢いで嘔吐してしまう可能性があったからです。

現在私はY君とは交流がなく連絡手段もありません。ただ、なんだか自分がつまらない汚れた大人になったしまったなあ・・・と最近しみじみ思います。

 

※お酒に酔っていて結構文が荒れています。読みにくかったらすみません。